とりどり掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

第7版の改訂点2 投稿者:國友@管理人 投稿日:2012/10/18(Thu) 00:33:25 No.15397  
日本鳥類目録改訂第7版の第6版からの改訂点です。
間違っていたら連絡下さい。
スズメ目の中の変更点です。
ウグイス科がキクイタダキ科、ウグイス科、ムシクイ科、センニュウ科、ヨシキリ科、セッカ科に細分されたことと、ツグミ科とヒタキ科が合わさってヒタキ科になっていること、ホオジロ科がツメナガホオジロ科とホオジロ科に分かれたこと等が大きな変更点です。
また、メグロがミツスイ科からメジロ科に変更になったことや、スズメ類がハタオリドリ科からスズメ科になったりしています。



大分増えてきたヒドリガモ 投稿者:sato 投稿日:2012/10/13(Sat) 18:52:39 No.15391  
近くの白水大池公園にも大分ヒドリガモの飛来数が増えてきました。現在23羽、先週見たコガモは何処かに抜けてしまったようで姿が見えず。カワセミ♂の若は、いつも通り元気ですが、最近の好天でどんどん池の水が減り、お気に入りの採餌場所が使えなくなりうろうろしてます。



Re: 大分増えてきたヒドリガモ 國友@管理人 - 2012/10/13(Sat) 22:54:40 No.15392  

satoさん今晩は。そろそろカモのシーズンになりますね。考えて見れば白水大池等の一定の場所に飛来するカモって、どんな感じで増えるのか考えた事ありませんでした。現在ヒドリが23羽という事ですが、それは 2~3羽づつ増えているような感じなのでしょうか?それとも10羽以上いっきに増えりしたのかな?
今朝室見川を歩いていたら、セグロカモメも新室見橋より上流に上がっていました。そこでホイグリンかなと思った個体。今度の改訂第7版ではニシセグロカモメLarus fusucus heugliniになっておりますが…。



Re: 大分増えてきたヒドリガモ 國友@管理人 - 2012/10/13(Sat) 22:58:04 No.15393  

車を停めていた野生の広場に戻ると、ん?この声は、間違いなくキクイタダキだ!!で、探したら頭の上の木にキクイタダキ2羽。今季初認。渡ってきたばかりなんでしょう、餌取りに夢中。激写しようとしたら、バッテリー上がりで、う〜ん残念。



Re: 大分増えてきたヒドリガモ sato - 2012/10/15(Mon) 00:18:31 No.15395  

白水大池のヒドリガモの増え方は、10/2に2羽(今年初認)、10/32羽何処かに飛び去り0、10/4も0、10/5に10+、この時コガモの今年初めて7、10/6・8(コガモ姿見えず)、10/8・18、10/13・23と云った感じです。
昨日は既に餌付けされており、人が通ると側に寄ってくる状態ですね。コガモはその後姿は見ていません。この池には例年ヨシガモとハシブトガモが来て居着くのですが、今年はまだですね。


アメリカン? 投稿者:國友@管理人 投稿日:2012/10/14(Sun) 17:01:30 No.15394  
私は缶コーヒーを買うなら、BOSS シルキーブラックに限る派なので、エスプレッソは苦手かな?てなわけじゃないですが、アメリカセグロカモメかなと思われる個体を見つけました。
先月出た第7版には日本のセグロカモメLarus argentatus vegaeと亜種関係のアメリカセグロカモメLarus argentatus smithsonianusとして掲載されています。



ハクセキレイ 投稿者:國友@管理人 投稿日:2012/10/13(Sat) 09:06:18 No.15390  
過眼線の薄いというか、あるようなないようなハクセキレイが、福岡では以前よく見られていました。亜種ホオジロハクセキレイと亜種ハクセキレイの交雑なのかとも思われますが、詳細不明。繁殖を確認出来ればそれを確かめることも出来たのですが、いまだにセキレイ類の巣を見つけたことはありません。
で、先日稲刈りの終わった田圃にハクセキレイが群れていたのを見たら、過眼線の薄いというか、あるようなないような個体が数羽混じっていました。この個体耳羽のところが少し黄色いので若い個体なのでしょうか?



第7版の改訂点1 投稿者:國友@管理人 投稿日:2012/10/10(Wed) 18:35:44 No.15389  
日本鳥類目録改訂第7版の第6版からの改訂点です。
間違っていたら連絡下さい。
スズメ目以外の鳥類の分類変更です。アビ目から始まる分類順が大幅に変わっており、今までなかったネッタイチョウ目、サケイ目、カツオドリ目、ノガン目、ハヤブサ目が出来ています。
科の方もキジ目のライチョウ科はキジ科に含まれました。チドリ目のヒレアシシギ科はシギ科に含まれました。逆にタカ科のミサゴ属はミサゴ科に格上げになりました。ヒガシメンフクロウが日本の鳥として掲載されたので、メンフクロウ科が出来ています。



ジロネン 投稿者:國友@管理人 投稿日:2012/10/09(Tue) 23:56:03 No.15388  
秋晴れ続きで、稲刈りが進んでいますね。その分淡水系のシギチは大変です。
今日はオジロトウネンがじっと待っていたら、寄ってきてくれました。幼羽個体です。



ホトトギス 投稿者:sato 投稿日:2012/10/04(Thu) 01:25:38 No.15386  
家内と朝の散歩をしつつ、鳥見。気持ちの良い白水公園にもコサメビタキやイソヒヨドリの番、コムクドリなど結構賑やかになってきました。2キロほどの外周を廻って帰ろうとしていた頃、家内の「あれ何?」の声で見てみるとトケン。
ホトトギスのようです、自宅近くの市街地で見るのは初めて。う〜む、嫁さんと鳥見すると何故かラッキーが多い。



Re: ホトトギス 國友@管理人 - 2012/10/04(Thu) 23:21:38 No.15387  

satoさん今晩は。
トケン入っていましたか。私も昨日から探しているんですが…。以前は9月になると近くに公園で普通に見られていたんですけどね。
今日はカワガラスを撮ってみようと思ったんですが、思ったようにいきませんでした。
で、キビタキ♀、オオルリ♂なんかは見られたけれど、遠かった!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- toridori Note -
Modified by isso